ブログ

正しい温泉の理解と温泉地の活性化を目指します。


温泉の条件

皆様が知っている温泉はいったいどの様な基準と条件で決められているのかご存知でしょうか?  例えば山裾から湧き出す水や、井戸水などは温泉になるのでしょうか?

温泉とは、国が定める温泉法により決められています。その内容は、次の様な内容です。

「地中からゆう出する温水、鉱水及び水蒸気その他のガス(炭化水素を主成分とする天然ガスを除く)で、温度又は物質を有するもの」 (第2条;定義)」とされています。

まずこの内容を分かりやすく考えると温泉とされる第一の条件は、地中から出る温水、鉱水とあります。(第2条;定義)の中では皆さんが気になる温泉成分には触れていませんね、という事は地中から湧出する温水(25℃以上)であれば、成分が無くとも温泉法の温泉となるのです。そして次に湧出する鉱水とあります、これはどう言うことでしょうか?鉱水=温度が無くても定められた成分が1種でも基準値入っていれば温泉となるのです。

そして次には、「地中から湧出する水蒸気その他のガス」ですが、(温水、鉱水)だけではなく「水蒸気その他のガス」を含み「温泉」として定義とあります。

水蒸気は地熱により地下水が熱せられ気体となり湧出します、この気体を地下水などを利用して冷した液体も温泉法の温泉になります、代表としては箱根の大湧谷温泉などがあります。 次にその他含まれるガスに注意書きがあります。「炭化水素」(メタン)(エタン)(プロパン)(ブタン)は温泉として含みません、この名前は聞いたことあると思いますが、ご家庭でも使われているプロパンガスなどで、これらの引火性のガスは温泉として認められないと言う事です。では、温泉に含まれるガスとは? 花山温泉でも大量に含まれるのが二酸化炭素、その他硫化水素ガスもそうで一般的には卵の腐った匂いがすると言われる硫黄泉がそうです。

したがって、山裾から湧き出す水や井戸水でも湧出温度又は成分が温泉法の条件をクリアしていれば温泉となるのです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。